Antivirus and Next-generation Photocatalyst

室内光でウイルスを分解除去する次世代光触媒!


バンデミックではこのほど、次世代光触媒コーティング剤『Dr.OHNO』の販売、代理店展開を行っております。

本製品は、室内用光触媒研究の第一人者である国立九州工業大学教授・横野照尚氏が研究開発・監修。屋外などの紫外線に反応する従来の光触媒とは異なり、可視光応答型酸化チタンを用いた次世代光触媒で、紫外線を必要とせず蛍光灯やLEDのような弱光条件下でも光触媒効果を発揮できるのが特徴です。

このため、壁や天井など『Dr.OHNO』を塗付した部分に室内光が当たるたび、ウイルスや菌、カビ、有害VOC(塗料や接着剤などに含まれる揮発性有機化合物)などを99.99%分解除去し続けます。

また、本製品には柔軟性のある特殊樹脂を採用しているため剥がれにくく、いちど施工した塗付面を洗い流したり拭き取ったりしない限り、光触媒効果が持続します。このため、室内内装材やフィルターなど、多岐に渡る用途展開も可能です。

株式会社トップラン

安全な空間の提供がグローバルスタンダードに

今後、民間や官公庁を問わず、多人数が集まる施設空間については「感染リスクを低減させ、安心して営業を行える環境づくり」が必要不可欠となります。

バンデミックでは、近い将来に『安全な空間の提供』がグローバルスタンダード化されると結論付け、「スペースクオリティ」をキーワードに徹底的に調査を行ってきました。

その中で、今後のスタンダードになり得る製品と感じたのが本製品です。光触媒には似た商材が数多くありますが、ウイルスや細菌、有害化学物質、カビ等の不活性化を数値化し、エビデンスを出しているのは『Dr.OHNO』のみです。

本製品は飲食店、ホテル、医療現場、児童福祉施設、老人介護施設など、広くお使いいただけます。現在、これらの施設で消毒用のアルコールスプレーや次亜塩素系商材が使用されていますが、本製品との併用でさらに安全な空間が提供できコストダウンにもつながります。

現在もたいへん厳しいかじ取りを迫られている皆さまにとって、「信頼される店(空間)づくり」こそが、この状況を生き抜く活路になるとバンデミックでは考えています。『Dr.OHNO』が経済活動の収縮に寄与し、事業継続戦略の後押しになれば幸いです。

本製品の導入、代理店営業にご興味のある方は、お問い合わせフォームからご連絡下さい。